クレーンの災害事例
CR00071
事  例

玉掛け用ワイヤロープから抜け落ちた鋼管に当たって死亡

[原因と対策]
業  種 貨物運送事業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷の落下
 
あらまし 本災害は,プラント建設用の配管材料(鋼管3本)をトラックに積み込んで材料仮置場に運搬し,そのうちの1本を被災者が玉掛け用ワイヤロープで玉掛けし,トラッククレーンにより荷下ろししようとしたところ,つり上げていた鋼管が玉掛け用ワイヤロープから滑って落下し,地上に降りていた被災者に当たったものである.
災害が発生した事業場は,プラント工事を行う事業場の工場からプラント工事に使用する鋼管パイプ等の資材を建設現場や仮置場等に搬送する業務及び出入庫管理を請負うものである.
災害発生当日,トラック運転手である被災者は同僚のクレーン運転士とともに,プラント工場内の鋼管を材料仮置場に運搬する作業を行うことになったが,作業前に,「鋼管の玉掛けをするときはワイヤーロープを絞って吊る.」旨の打ち合わせを行った後,作業に取りかかった.
まず,被災者は鋼管3本(7m×2本,11m×1本)をトラック(10t積み)に積み込み,材料仮置場に戻り,プラント工事事業場の作業者の指示に従い,トラック運転手が玉掛けを担当し,クレーン運転手と2名でトラックからトラッククレーン(つり上げ荷重20t)を用いて積み降ろしを開始した.1本目の鋼管には玉掛けワイヤロープが絞った状態ですでに玉掛けされており,そのまま降ろし,2本目は被災者が1本目に使用したワイヤロープを半掛け状態で玉掛けして降ろした.
次に3本目の鋼管(11mもの)を降ろす作業を始めたが,3本目は荷台上に収まらず,トラックの運転台に片方の端が乗っており,傾斜した状態であったため,この鋼管に半掛けで2箇所2点吊りの玉掛けを行った.玉掛けの後,クレーン運転手は鋼管が水平になるよう巻き上げを行った.この間,玉掛け者は玉掛け用ワイヤロープがずれないようワイヤロープを手で保持していたが,鋼管が水平になった段階でトラック荷台上から降りた.
クレーン運転手は鋼管をつり上げていたところ,玉掛け用ワイヤロープがトラックの後方側にずれていくのが見えたため,危険と判断しクレーンの巻き上げを停止したが,つり上げていた鋼管のトラックの運転台の一端が地面に着地し,さらに鋼管全体が玉掛け用ワイヤロープから抜け落ち,地上に降りていた被災者の腹部に落下してきた鋼管が当たり,死亡したものである.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]