クレーンの災害事例
CR09041
事  例

玉掛け者が立坑開口部の手摺を乗り越えて移動式クレーンのつり荷に手を伸ばした際に立坑内に墜落する

[原因と対策]
業  種 土木工事業 機  種 ホイールクレーン
被  災 死亡 1名 現  象 作業床等から墜落
 
あらまし  本災害は,国道トンネル建設用の立坑内に,移動式クレーンを用いて荷下ろしする際,被災者(玉掛け者)が手摺を乗り越えてつり荷に手を伸ばしたところ,足を踏み外して深さ約30m の立坑底部に墜落したものである。
  災害発生当日,現場立坑では補強鉄板・補強はりの取付け,足場盛替え等の作業を予定されていた。午前中は,移動式クレーン(つり上げ荷重25t)を使用して,補強はりの荷下ろしと足場資材の荷揚げ作業を行い,午後も同様の作業を継続していた。その途中で,坑内作業者から無線でクレーンオペレーターに,足場資材が不足しているので下ろすようにとの指示があった。そこで,被災者(玉掛け者)は,オペレーターから示された指示通りに,建枠2本とはしご6本を資材置き場から持ってきて,それらをまとめて2本のワイヤロープを用いて玉掛けした。その後,オペレーターは,被災者の指示に従って,つり荷をたてつりの状態でつり上げ,立坑の開口部の中心に移動させ,その状態で一旦停止させ,次の作業の指示を待っていた。このとき,被災者が開口部に設置された高さ80cm の手摺を乗り越えて中に入り,つり荷に左手を伸ばしたが,その直後,足を踏み外して深さ30.7m の立坑下部に墜落した。
  なお,本件災害発生時,被災者は保護帽,手袋,安全帯を着用していたが,安全帯を使用していなかった。
  また,被災者が手摺の内部に立ち入った理由は不明であるが,つり荷の方向を変えようとしたものと推定される。なお,特につり荷が振れるなどの異常も観察されなかった。
 
 
[このページの先頭] [ホーム]