クレーンの災害事例
CR12031
事  例

貨物船の甲板でコンテナクレーンを誘導していた被災者がバランスを崩して船倉に転落

[原因と対策]
業  種 港湾荷役業 機  種 橋形クレーン
被  災 死亡 1名 現  象 その他の墜落
 
あらまし  本災害は,コンテナ積み下ろし作業中,コンテナクレーン運転士と誘導交信していた被災者が,甲板の通路(キャットウォーク)端部のハッチカバー(積荷を風雨から保護するための金属製のカバー)が開けられた開口部から船倉に転落し死亡したものである。
 災害発生当日,被災者は,港に接岸中の貨物船からガントリークレーンを使って20フィートコンテナ(長さ約6m,幅約2.4m,高さ約2.6m)及び40フィートコンテナ(長さ約12m,幅約2.4m,高さ約2.6m)を岸壁に下ろす作業中,甲板と同レベルのキャットウォーク(船倉と船倉の仕切壁上の通路;幅75cm)上で,上着の襟に付けたピンマイクからの無線によりクレーン運転士と交信をしながらクレーンを誘導していた。40フィートのコンテナの場合は,セルガイド(コンテナの横ずれ防止のためのレール)に沿って上げ下げされるので細かな誘導の必要はないが,20フィートのコンテナの場合はセルガイドが片側にしかないことになるため,コンテナがセルガイドに沿って上昇してくるか確認する必要がある。そのため,被災者はキャットウォーク上から身を乗り出し,その確認をしていた際にバランスを崩して,キャットウォーク端部の開口部からハッチカバーが開けられていたため約8.9m下の船倉底に転落し死亡した。
 なお,キャットウォーク端部には,手すり,囲い等の墜落防止措置は講じられていなかった。また船内荷役作業に当たって,船内荷役作業主任者の資格を有する労働者はいたものの事業場として作業主任者を選任していなかった。
 
 
[このページの先頭] [ホーム]