クレーンの災害事例
CR12111
事  例

トラッククレーンで断熱パネルを外壁に取付ける作業中,パネルが落下し被災者に激突

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷の落下
 
あらまし  本災害は,木造家屋建築現場にて,断熱パネルを外壁に取付けるため,トラッククレーンを用いてクランプでつって移動させていた際,クランプから荷が落下し,被災者に激突したものである。被災者と他の作業員1人は,1枚の断熱パネル(自重約90kg,縦約3m,横約2m,厚さ約10cm)を取付けることにした。
 その際,被災者は取付け位置で待ってパネルのはめ込みを行うこととなり,他の1人がパネルの玉掛けと荷の誘導を行うことになった。玉掛けは断熱パネルに縦つり用クランプを用いて1点で玉掛けし,クレーンオペレータがトラッククレーン(つり上げ荷重;4.9t)でつり上げ,設置場所の上方に移動させたとき,パネルがつりクランプから外れ落下して,設置場所で待ち構えていた被災者に激突した。
 災害後の調査の結果,縦つりクランプの開口部寸法は,縦12cm,横8cmであるが,落下した断熱パネルは縁部が突出した形状となっていた。
 また,玉掛けの資格を有している者は,被災者のみであり,他の作業員は資格を有していなかった。
cr02111.jpg
 
 
[このページの先頭] [ホーム]