クレーンの災害事例
CR84081
事  例

鋼矢板を運搬中,玉掛け用ワイヤロープがフックから外れて落下

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 負傷 1名 現  象 つり荷の落下
 
あらまし 下水道工事現場において,土止用鋼矢板(長さ6m,幅0.44m,285kg)を圧入するため,トラッククレーン(つり上げ荷重15t)の補巻フックで鋼矢板をつり上げて作業中,荷が落下して被災したものである.
押込用ピット掘削作業を行うため,鋼矢板の圧入に取りかかりサイレントパイラー(無振動,無騒音油圧圧入,引抜機)のカマ(鋼矢板投入口)の方向を定め,続いてカマに投入するため鋼矢板を運ぶ作業を行っていた.
鋼矢板1本にエンドレスワイヤ(径12mm)をかけて絞り,クレーンの補巻用フックにかけて約50cmつり上げたとき,ワイヤドラムに乱巻きになっていた巻上用ワイヤロープが,「ギシッ」という音をたてた途端,フックから玉掛用ワイヤロープが外れ,鋼矢板が地面にほぼ垂直に落下して倒れ,附近にいた工事関係者2名に当り,1名が死亡,1名が負傷した.
cr84081.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]