クレーンの災害事例
CR85012
事  例

トラッククレーン運転中,過負荷防止警報を無視して転倒

[あらまし]
業  種 クレーンリース業 機  種 トラッククレーン
被  災 重傷 1名 現  象 機体、構造部分が折損、倒壊、転倒
原  因
  1. 運転士が定格荷重を超えた荷の運搬作業を行ったこと.
  2. 過負荷防止装置により警報が発せられ,更に自動停止をしてしまったにもかかわらずこれを無視して作業を行ったこと.
  3. リースにより現場へ派遣された運転士が,作業方法等について十分な打合せを行わないまま作業に就いたこと.
  4. 現場の玉掛け者,合図者又は現場の監視人等が過負荷警報が発せられたとき作業を中断する等の指示をしなかったこと .
    などが原因として考えられる.
対  策
  1. 作業開始前に,荷の重量,敷設段取り,クレーンの設置位置等について十分な打合せを現場責任者,玉掛け者,合図者等と行うこと.
  2. 安易なクレーン操作が直接の原因となっているものであり,運転士に対して資質の向上を図るための教育を行うこと.
  3. 運転士に対する合図等の方法については特にその徹底を図ること.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]