クレーンの災害事例
CR85021
事  例

天井クレーンのつり荷が作業台に接触

[原因と対策]
業  種 鉄鋼業 機  種 天井クレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷に押されて墜落
 
あらまし 災害発生当日,圧延工場において工場内の整理,清掃,機械の取替えなどの作業を行うグループが圧延作業で製造されたインゴットを流すためのテーブル(長さ約6m,幅43cm,高さ85cm,重量約500kg)の移動作業を,天井クレーン(つり上げ荷重5t)で行っていたが,その運転操作は運転者が肩からつり下げた携帯用無線機によって行うものであった.直接運搬作業に就いた作業者は,クレーンの無線操作は作業者A,合図は作業者B,玉掛け作業はA,Bであった.
テーブルを約3mつり上げて移動させようとしたところ,つり荷のテーブルが左右方向に斜めづりとなっていたため,横ぶれしてその端部が附近の柱のブレースにぶつかり左右に激しく振れだした.Bはつり荷の振れを止めようとして近くに置いてあったループ床(高さ約2m)を作業台としてその上に乗り,荷に手を添えて振れを弱めようとした.
そこでAが無線操作により荷を降ろしにかかった瞬間,つり荷の端がループ床の端にぶつかって転倒し,その反動でループ床上にいたBが深さ1.88mのオイルピットヘ転落して死亡したものである.
cr85021.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]