クレーンの災害事例
CR85031
事  例

フックの外れ止め装置をころして作業中に荷が落下

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷の転倒による挟圧
 
あらまし 下水道工事のヒューム管敷設作業において,鋼矢板(長さ6m.幅44cm,重さ360kg)を鋼矢板圧入・引抜機(スチールワーカ)により深さ5.5mまで圧入するため,移動式クレーン(つり上げ荷重15t)により鋼矢板集積場からスチールワーカの設置位置まで搬入する作業を行っていた.
移動式クレーン運転士は,鋼矢板を補巻に図のように1本づりして所定位置まで旋回させたが,荷が斜めづりの状態となっていたためその一端を地面に着けたまま一旦停止し,スチールワーカの運転者と作業の打ち合わせをすべく運転席を離れた.
打ち合わせを終わった後,再び運転室に戻った運転士が補巻きのブレーキを外そうとしたところ,クラッチが抜けた状態になっていたため巻き上げ用ワイヤロープが急に降下し,その反動で玉掛けワイヤロープがフックから外れ,支えを失った鋼矢板が倒れて玉掛けをしていた被災者の頭部を直撃した.
なお,フックには玉掛けワイヤロープの外れ止め装置が取り付けられていたが,テーピングして効かない状態にしてあった.
cr85031.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]