クレーンの災害事例
CR88051
事  例

玉掛用ワイヤロープをクレーンで引き抜く際,鋼材が落下して下敷きとなる.

[原因と対策]
業  種 貨物取扱業 機  種 橋形クレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷の転倒による挟圧
 
あらまし 野積みしてある鋼材を引込み式橋形クレーン(つり上げ荷重11.03t)を使用して,構内運搬用トレーラへ荷積みする作業中に災害が発生した.
災害発生当日は,作業者A(玉掛工・作業指揮者),B(玉掛工・被災者)及びクレーン運転士Cを含む6人でH鋼(1本の重量1.55t)を朝からトレーラに積み,倉庫に搬入する作業を行っていた.
AとBは,Cが運転する橋形クレーンで運ばれてくるH鋼をトレーラ上で待ち受け,玉外し作業を担当していた.作業が進み一旦体憩した後,4台目のトレーラへの荷積みに取りかかった.先ずクレーンで運搬されてきた4本のH鋼をトレーラの荷台上約30cmに停止させ,卸す位置を確認したのち着地させた.
引き続いてH鋼の下から玉掛用ワイヤロープ(径22.5mm)を引抜くために,片側のアイをフックからそれぞれ外した.そこでAはワイヤロープがH鋼の間に挟まっていないかどうか確認しようとしたが,H鋼の陰で見えなかったため,H鋼の上にいたBに確認を依頼したところ,異常なしの合図が送られてきたので,AはCに巻上げの合図を送った.
ところが,ワイヤロープが引抜かれていく途中,Bの足もとのH鋼が傾きはじめてBは岸壁上へ転落した.次いでH鋼がBの上に落下し被災したものである.
cr88051.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]