クレーンの災害事例
CR89091
事  例

トラッククレーンが作業構台から転落

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 重傷 1名 現  象 機体、構造部分が折損、倒壊、転倒
 
あらまし 本災害は地上3階,地下1階の体育館の新築工事現場において発生した.
工事は地下部分の土止めおよび掘削まで終了しており,解体された土止め支保工部材の搬出および地下掘削部上に設けられた作業構台を解体撤去する段階となっていた.作業構台はH型鋼を支柱,桁,梁として組立て,その上に覆工板を敷いたもので,地下基盤部からの高さは約5mであり,周囲には手すりが設けられていた.この作業構台はその上で移動式クレーンを使用できるよう十分な強度を持って設計されている.
災害前日までに土止め支保工部材の搬出,作業構台の先端部の解体,部材の搬出が進んでおり,災害当日も支保工部材および作業構台部材の搬出を行っていた.搬出の作業は末解体の作業構台先端部につり上げ荷重25tのトラッククレーンを前部を手前側に向けて設置し,そのさらに手前側にトラックを停めて,地下基盤部に置かれている部材をトラッククレーンによりトラックに積むというものである.
当日午前から午後始め頃までかけて土止め支保工部材の搬出を行った.まず,地下において玉掛者がH型鋼8本(重量約3t)を玉掛けし,クレーンフックにワイヤロープをかけた.合図者はこれを確認してからトラッククレーン運転士に巻上げの合図を行い,地下基盤部から約7m巻き上げたが,このときのジブの長さは約23m,ジブの傾斜角度は約60゜となっていた.
つづいてジブをトラックの側に向けるためジブを旋回させ,約7mほど荷が移動したところで,トラッククレーンが急につり荷側に傾き,作業台から転落した.
被災者はクレーンの横で作業構台上の手すりの補修作業をしていたが,クレーンが倒れてきたのに気づいて作業構台から下へ飛び降り衝撃で左足を骨折したものである.なお,運転士は幸い受傷していない.
cr89091.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]