クレーンの災害事例
CR90031
事  例

回転したつり荷に当たり墜落.

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷、つり具が激突
 
あらまし この災害は,道路橋のトラス桁の下方に設けられたつり足場の解体工事において,集積しておいた足場材を橋梁上につり上げる作業中に発生したものである.
つり上げようとした足場材(足場板が4mもの41枚,2mもの2枚,鋼管が5mもの18本であり,重量は約600kg)は前日までに解体されたもので,下弦桁の上に敷かれた1枚の足場板と2本の横桁上に掛け渡して敷かれた4枚の足場板の上に掛け渡して置かれていた.被災者Aを含む作業者4名(Aの他にB,C,D)は,トラス桁上で玉掛けし,橋梁路面上の移動式クレーン(トラッククレーン,つり上げ荷重16t)の巻き上げワイヤロープを,トラス桁の内側に引き込んでつり上げることにした.
玉掛け後,B,C,Dの3名はトラス橋の下弦桁の一方の垂直桁寄りに待避し,AはBらと反対側に移動して下弦桁に跨り,トランシーバーで移動式クレーン運転士に巻き上げの合図をした.
巻上げを開始し,つり荷の一端(トラス橋の内側)が少し浮き上がったとき,つり荷が下弦桁側(トラス橋の外側)を支点としてAの方向に回転してきて Aの胸部に激突したため,Aは約31m下の河原に墜落して死亡した.
cr90031.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]