クレーンの災害事例
CR90071
事  例

移動式クレーンが転倒し,自動車に激突

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 休業 2名 現  象 機体、構造部分が折損、倒壊、転倒
 
あらまし 災害が発生したのは,道路建設のための地盤改良工事においてである.この現場である道路予定地の南側と北側には既設の道路があり,その間隔は約30mであった.
災害発生当日朝,地盤改良工事に使用するボーリングマシン等を運搬するため,トラッククレーン(つり上げ荷重20t)を,地盤改良の施工場所北側に停めた.運転士Aは,トラッククレーンを西向きに停車し,南側アウトリガを全長まで張出し,北側アウトリガは約50cm張出してセットした.
クレーン停止位置の地盤が軟弱であったため,地面には鉄板を敷いてあったが,この敷板の幅が十分でなかったことから,とりあえず作業を行う方向でない北側アウトリガを中間張出しとしたものである.過負荷防止装置は両側アウトリガとも全張出しとして入力操作していた.
その後,Aはクレーンによりボーリングマシン等の運搬を行っていたが,工事予定部分の施工が午前中に終了したことから,午後はクレーンを使用して現場付近の片付けなどを行った.その片付けが終わった後,クレーン停止位置から南東方向で翌日地盤改良工事を行う予定の場所にあった重量約0.7tのH鋼を北側に移動させることとした.
玉掛作業者BがH鋼に玉掛けした後,Bの合図によりAは荷を約3mの高さにつり上げ,さらにジブを起しながら北側へ旋回させていった.ところが,クレーン台車の中心軸から約45度北側に旋回したところで,クレーンが北側に傾きはじめたため,AはH鋼を降下させようとしたが,クレーンはそのまま転倒,ジブ先端部分が北側道路を走行中の自動車に激突し,乗車中の2名が被災した.
cr90071.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]