クレーンの災害事例
CR92081
事  例

風でつり荷が回転し,高所作業中の作業員に接触・転落

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷、つり具が激突
 
あらまし この災害は,倉庫新築工事の鉄骨建て方作業中に発生したもので,災害発生当日までに,柱と大梁の仮組が終了していた.
災害発生当日,被災者Aはワイヤーロープとチェーンブロックを用い,柱の傾きの調整を行い,本締め作業を行っており,災害発生時にも大梁の上(高さ8.3m,幅20cm)に腰掛けて,ボルト締め作業を行っていた.
その近くでは,リース会社から派遣されたトラッククレーン(つり上げ荷重20t)と同社の運転士により,梁上への材料の荷上げ作業が行われており,C形鋼(200mm×75mm×4.5mm,長さ12m,重量約150kg)2本を2本づりで玉掛けして,クレーンでつり上げ,梁の上にまたがって待機している作業員B,Cが受け取るというものであった.
トラッククレーンでC形鋼を約13mまでつり上げ,旋回し,ジブを倒し,作業員B,Cの上に持って行き,荷を降下させ始めたところ,おりからの強風(約8m)により荷がゆっくりと回転し始めたため,作業員B,Cはそれを受け取ることができなかった.荷はそのまま回転を続け,梁の上で作業員B,Cに背を向け腰掛けて作業をしていた被災者Aの背中に接触し,Aはそのまま8.3m下の地面に墜落した.
なお,鉄骨建て方の初期の段階であったため,安全帯を掛けるための親綱,転落防止用ネット等の設備が取り付けられておらず,被災者Aは安全帯を着用していたが使用していなかった.
また,移動式クレーンの運転席からは,被災者が鉄骨の陰になっていたため見えなかった.
cr92081.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]