クレーンの災害事例
CR93041
事  例

クライミングクレーンのジブが落下

[原因と対策]
業  種 建設工事業 機  種 ジブクレーン
被  災 負傷者なし 現  象 ジブの落下
 
あらまし この災害は,小学校新築工事において,建築資材の荷揚げ作業を行っていたクライミングクレーン(ジブ型,つり上げ荷重4.2t,ジブ長さ33m)のジブが落下したものである.
災害発生当日,このクレーンで屋根用のコンパネの荷揚げ作業を行っていた.クレーン運転士Aは,屋根用コンパネ80枚(重量1.2t)をつり上げ,2度目の玉掛けのために旋回しながら,ジブを倒していたところ,運転席後方のウインチの周辺で「ガタン」と音がした.
Aは,乱巻かと思い,ウインチのドラムを点検したが,巻かれているワイヤロープ,ドラムともに異常はなかった.
しかし,Aは故障に違いないと考え,作業を中止し,関係作業者に無線で作業中止の連絡とジブ下からの避難を指示するとともに,ジブを旋回させ,作業員のいない駆体屋上にジブを下ろそうとしたところ,駆体の上にジブが落下した.
このクライミングクレーンは,約1年前に設置され,約1カ月前頃から異音がしていたが,月例の定期自主検査ではその原因ははっきりしないままであった.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]