クレーンの災害事例
CR93121
事  例

反転作業中,フックが外れ鉄板が転倒

[原因と対策]
業  種 建設機械器具賃貸業 機  種 橋形クレーン
被  災 死亡 1名 現  象 つり荷の転倒による挟圧
 
あらまし 災害が発生した事業場は,建設機材のリースを行う事業場で,この災害は,当該事業場の資材置場で発生した.
この資材置場には,床上操作式の橋型クレーン(つり上げ荷重:主巻5t,補巻2t)が設置され,資材の運搬整備に使用されていた.
災害発生当日,管理係員Aと配達用トラックの運転手Bは,工事現場から戻ってきた敷鉄板(長さ6.1m,幅1.5m,厚さ22mm,重量1.6t)12枚の清掃作業を橋型クレーンを用いて行っていた.
この作業は,敷鉄板に付着した土をスコップで落とすもので,まず,積み重ねて置かれている敷鉄板の片側を清掃し,敷鉄板に設けられた穴に,玉掛け用ワイヤロープに付けられたフックを掛け,1本づりして橋型クレーンで反転させ,積み重ねて置かれている敷鉄板の隣に積み重ね,反対側を清掃するものであった.
作業は,橋型クレーンの補巻を使用して,Aが運転を,Bが玉掛けを担当して行われた.8枚目の敷鉄板の片側の清掃を終え,これをつり上げて,清掃を終え積み重ねられた敷鉄板の上に反転させて下ろそうとしたところ,玉掛け用ワイヤロープに付けられたフックが,敷鉄板の穴から外れ,積み重ねられた敷鉄板の上に倒れた.
そのとき,残っていた土を落とそうとして,清掃を終えた敷鉄板の上で作業していたBが敷鉄板の下敷きとなった.
配達用トラックの運転手Bは,自分の担当する配達用トラックが,車検中のためAの作業を臨時に手伝っていたものである.
cr93121.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]