クレーンの災害事例
CR96051
事  例

クライミングクレーンのジブから墜落

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 ジブクレーン
被  災 死亡 1名 現  象 機体から墜落
 
あらまし この災害は,マンション建設工事に使用するクライミングクレーン(ジブ長さ33m,つり上げ荷重2.8t)を設置する作業中に発生した.
クライミングクレーンの組立作業は,基礎べ一スの設置,マストの組立,旋回フレームの取付け,ジブの取付け,起伏及び巻上げ用フイヤロープの取付けの手順で行い,ジブは地上で組立てて移動式クレーンによりつり上げ,旋回フレームに取り付けることになっていた.
作業開始2日目,クライミングクレーン組立作業指揮者として工事現場に来ていた機材部門の職員Aは,地上におけるジブ組立作業中に起伏用ワイヤロープを支えるペンダントロープを直径50mmのピンで接続しようとしたとき,資材準備の誤りのためか40mmの接続ピンに使用するペンダントロープが持ち込まれてることに気付いたが,クライミングクレーンを管理している機材部門が当日は休みで,さらに,ジブをつり上げるための移動式クレーンを当日だけ手配してあったこともあって,他で使用するボルトを流用してクライミングクレーンを一応組み立てた.
作業開始3日目,Aは機材部門の責任者と連絡を取ったところ,流用したボルトでは強度的に問題があるということであったため,改めて,直径50mmのピンで接続するペンダントロープを機材部門から取り寄せて交換することした.
交換作業は,ガントリーから延ばした臨時のワイヤロープでジブを支えている間に,起伏用ワイヤロープを弛めてペンダントロープを交換するもので,高さ約15mのジブ上における高所作業であった.
ジブに取り付けられたはしご道の上でAは,作業員Bと2名で,ガントリーから延ばした臨時のワイヤロープ2本(直径16mm,長さ20m)をジブのラチス材に掛け,起伏用ワイヤロープを弛め,起伏用ワイヤロープが下りてくるのを待っていたところ,臨時のワイヤロープを掛けていたラチス材の溶接部分が破損してジブが下がり,その衝撃によって,はしご道の上に立っていたAが地上に転落した.
なお,Bははしご道の上にしやがみこみ,両手ではしごを持っていたため,転落を免れた.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]