クレーンの災害事例
CR97071
事  例

荷が落下して作業者に当たる

[原因と対策]
業  種 建設業 機  種 トラッククレーン
被  災 死亡 1名 休業 1名 現  象 つり荷の落下
 
あらまし 鉄筋コンクリート2階建の新築工事現場において,パイプハンガーと呼ばれる集材用具に長さ4mの型わく単管44本(約500kg)を積み込み,トラッククレーン(つり上げ荷重25t)でつり上げたところ,パイプハンガーから単管が抜け落ち,下で作業していた2名の作業員に当たった.
2階建鉄筋コンクリート建築(一部1階建)の災害発生現場では,既に躯体はでき上がっており,当日は1階と2階で使用した型わく材の後片付け作業及び2階から1階屋上へ運び出された型わく材等の荷降ろしの作業が予定され,被災者を含む4名の作業者が従事していた.
被災者の2名は,1階屋上において形状別に仕分けした単管を,パイプハンガーに積み込む作業をしたが,引き続いてトラッククレーンにより,一階屋上から地上に荷降ろしする作業が始められた.
1回目は,長さ2.5mの単管100本を積み込んだパイプハンガー(100本用)をつり上げ,1階屋上の上を旋回させて,地上に荷を降ろした.
次に,被災者等は長さ4mの型わく単管44本を1回目と同様にパイプハンガーに積み込み,玉掛者がワイヤロープでパイプハンガーとともに2点づりとして玉掛けし,玉掛者の無線の合図によりトラッククレーンの運転者が荷をつり上げたところ,1階屋上から5mのところで単管がパイプハンガーから抜け落ち,下で作業をしていた被災者2名に当たった.
このときのトラッククレーンの作業半径は14.3m,ジブの傾斜角は60度,定格荷重は3.34tであった.
なお,トラッククレーンの運転者,玉掛者はともに資格を有していた.
cr97071.gif
 
 
[このページの先頭] [ホーム]