.
協会のあゆみ
昭和37年7月(1962) クレーン等安全規則(旧規則)制定
昭和37年10月(1962) 「クレーン等研究会」(日本クレーン協会の母体)設立
昭和37年10月(1962) クレーン等の構造規格(旧規格)制定
昭和38年9月(1963) 日本クレーン協会として新たに創立
昭和38年10月(1968) 社団法人の認可(労働省)
協会機関誌「クレーン」(月刊)創刊
近畿支部発足(最初の支部)
昭和39年7月(1964) クレーン、移動式クレーン及びデリック性能検査代行指定(労働省)
近畿検査事務所開設(最初の検査事務所)
昭和39年9月(1964) 東海支部設立
昭和43年6月(1968) デリック構造規格、簡易リフト構造規格の改正(以降,平成12年12月最新改正)
昭和44年2月(1969) 最初の全国大会開催(アイスプライス工作競技)
昭和44年10月(1969) ゴンドラ安全規則制定
昭和44年12月(1969) ゴンドラ構造規格制定
昭和45年4月(1970) 北陸支部設立
昭和45年7月(1970) 東中四国支部設立
昭和46年4月(1971) ゴンドラ性能検査代行指定(労働省)
昭和46年7月(1971) 「クレーン年鑑」創刊(昭和46年版)
昭和47年4月(1972) エレベーター性能検査代行指定(労働省)
昭和47年6月(1972) 労働安全衛生法制定
昭和47年9月(1972) 新クレーン等安全規則及びゴンドラ安全規則制定
昭和47年10月(1972) 労働安全衛生法に基づき改めてクレーン等の性能検査代行機関として指定(労働省)
昭和48年9月(1973) 「第1回全国クレーン安全運転競技大会」及び「第1回全国移動式安全運転競技大会」を開催
昭和48年10月(1973) クレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置型式検定代行機関として指定(労働省)
昭和48年12月(1973) 沖縄県支部設立
昭和51年4月(1976) 西中四国支部設立
昭和51年8月(1976) クレーン及び移動式クレーンの構造規格全面的改正(以降,現在まで数次にわたり改正)
昭和51年11月(1976) 「第1回全国玉掛安全競技大会」を開催
昭和52年5月(1977) 北海道支部設立
昭和53年1月(1978) 改正労働安全衛生法に基づき、改めてクレーン又は移動式クレーンの過負荷防止装置検定代行機関として指定
昭和53年5月(1978) 最初の優良クレーン運転士等の表彰
昭和55年2月(1980) 「第1回全国工作責任者・主任設計者会議」を開催
昭和55年4月(1980) 滋賀支部設立
昭和55年5月(1980) 9月30日を「クレーンの日」と定め、全国的運動として展開
昭和55年6月(1980) 福岡支部設立
昭和55年10月(1980) 「第1回全国クレーン安全大会」を開催
昭和56年3月(1981) 群馬支部設立、兵庫支部設立
昭和56年5月(1981) 京都支部設立
昭和57年3月(1982) 香川支部設立
昭和57年4月(1982) 千葉支部設立
昭和57年5月(1982) 三重支部設立
昭和57年9月(1982) 技術審議会設置
昭和58年3月(1983) 和歌山支部設立
昭和58年4月(1983) 東北支部設立
昭和58年8月(1983) 広報委員会設置
昭和59年3月(1984) 埼玉支部設立、茨城支部設立、長野支部設立
昭和59年4月(1984) 愛媛支部設立
昭和60年3月(1985) 長崎支部設立
昭和61年5月(1986) 静岡支部設立、東京支部設立
昭和61年6月(1986) 神奈川支部設立
昭和63年3月(1988) 新潟支部設立
平成2年8月(1990) 岐阜支部設立
平成15年7月(2003) 検査・検定、技能講習等について従来の国の指定代行制度が登録制度に改定
平成16年3月(2004) 登録性能検査機関・登録型式検定機関として登録
平成22年7月(2010) 本部・クレーン教習センター竣工(東京都江東区新木場)
平成24年4月(2012) 一般社団法人として設立登記
[このページの先頭] [ホーム]