主要行事
 
毎年9月30日をクレーンの日として主唱し、クレーン等による災害防止の意識高揚を図るため、全国クレーン安全大会やクレーン安全運転技術大会等を多くのクレーン等関係者の参加により毎年全国的に実施しています。
クレーンの日
クレーン等の安全を願い、毎年9月30日(クレーン等安全規則が制定された昭和47年9月30日を記念して、昭和55年5月に制定)を「クレーンの日」として主唱し、ポスター及び実施要綱を会員事業場や関係方面に配付して、クレーン等の災害防止のための安全活動を全国的に展開しています。
詳しくはこちら
「クレーンの日」設定の経緯は こちら
全国クレーン安全大会

毎年、厚生労働省後援のもとに、特別講演並びに研究発表などを行い、併せて優良クレーン等運転士の表彰を行っています。
                    
1日目 総合集会
2日目 クレーン等の製造者・使用者の集い

入場無料

詳細は開催時期が近づきましたらトピックスでご案内します。


表 彰

毎年、クレーン等運転士、玉掛業務従事者、クレーン等整備従事者及び整備事業者に対して、協会の表彰基準に基づき、全国クレーン安全大会の場で表彰を行っています。


 
全国安全競技大会

クレーン等の運転技術等の向上を図り、職場での安全を期すため、厚生労働省後援のもとに、クレーン安全運転競技大会、移動式クレーン安全運転競技大会及び玉掛け安全競技大会を開催し、全国各支部から選出された選手によって安全運転等の技を競っています。
場所 本部・クレーンセンター
詳しくは こちら

全国クレーン安全運転競技大会

 
全国移動式クレーン安全運転競技大会

全国玉掛け安全競技大会
 
 
[このページの先頭] [ホーム]