ヒヤリハット事例
H0302
事  例

固定用ラッチピンが抜けてジブブームが前方に大きく振れた

業  種 機  種 クローラクレーン 現  象 激突
状  況 タワー式クローラクレーンを使用する作業が終了したので,タワーブームを9O度位置まで起こしてジブブームを格納し,運転席から降りてラッチピンが入っていることを確認した.
その後,タワーブームを90度位置から倒している時,70度付近でジブブームがタワージブのラッチから外れて,ジブブームとフックブロックが前方に大きく振れ,前方にあった構台の手すりと階段をはね飛ばして止まった.幸い物損ですんだが,作業者がいたら重大災害になっていることを考えるとヒヤリとした.
原  因 ラッチ外し用ロープがブームに引っ掛かっていてラッチピンが抜けた.
対  策 ラッチピンのバックアップ用に,控えワイヤーを取ることを標準化した.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]