ヒヤリハット事例
H90202
事  例

補巻フックが玉掛者の近くに落下

業  種 建設業 機  種 トラッククレーン 現  象 誤操作
状  況 移動式クレーンを使用して解体資材の積出し作業を行うため,玉掛者が主巻フックに玉掛ワイヤロープを掛けようとしていたとき,クレーン運転士が主巻運転中,誤って補巻ブレーキペダルを操作したため,補巻フックが上限まで巻上げられワイヤロープが切断され玉掛者の目の前に落下した.幸い玉掛者には当たらなかったが「ヒヤリ」とした.
対  策 ブレーキロックは必ず掛けておくことを指導するとともに,作業者がフックの真下に入らないように,玉掛作業位置を基準化した.
教  訓 ウッカリミスは誰でも起こすので,事故に繋がらないような工夫が必要である.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]