ヒヤリハット事例
H92213
事  例

移動式クレーンが転倒しかけた

業  種 建設業 機  種 クローラクレーン 現  象 地盤不良
状  況 移動式クレーンにバイブロハンマーを装着して,シートパイル(鋼矢板)を引き抜く作業を行っているとき,何本目かのパイルを引き抜こうとしたところ,機体にかなりの力が掛かり,クレーンの前部が下がったように感じた.何とかパイルを引き抜いて,左に旋回しようとしたころ,クレーンの後部が浮き上がり始めた.
直ぐに巻き下げると,下回りの作業に従事している作業者を巻き添えにするおそれがあったので,旋回運転を継続しバイブロハンマーを安全な場所に降ろした.何とか転倒せずに対処できたが,『ヒヤリ』とした.
原  因
  1. 作業半径が大きいと感じたが,クレーン作業を開始した.
  2. 移動式クレーンの据付場所について,地盤強度の確認を十分に行わなかった.
対  策
  1. 現場の状況に応じて,性能に十分余裕のあるクレーンを使用する.
  2. 敷き鉄板,枕木等を使用して,据付場所の地盤強度を確保する.
 
 
[このページの先頭] [ホーム]