spacer.gif
国際クレーン関係者会議ICSA
(International Crane Stakeholders Assembly)
spacer.gif  
 
spacer.gif
 ICSAは、2012年に設立され、移動式クレーン製造業者及び使用者を代表する参加各国の関連協会の会議です。日本クレーン協会は2019年から参画しています。
 会議は年1回開催されており、製造業者による会議と使用者による会議を別々に行った後、製造業者及び使用者の合同会議を行います。
 これらの会議を通じて、情報交換を行うとともに、技術文書を作成し公開しています。
spacer.gif  
参加団体:7団体(2020年3月現在)
spacer.gif  
 
  • Association of Equipment Manufacturers [AEM]:米国機器製造業協会
  • Crane Industry Council of Australia [CICA]:豪州クレーン産業協議会
  • Crane Rental Association of Canada [CRAC]:カナダクレーンレンタル協会
  • The European association of abnormal road transport and mobile cranes[ESTA]:オフロード機械と移動式クレーンの欧州協会
  • European Federation of Material Handling [FEM]:ヨーロッパ物流機械工業連盟
  • Specialized Carriers & Rigging Association [SC&RA]:専用クレーンとつり具の米国協会
  • Japan Crane Association[JCA]:日本クレーン協会
   
ICSAのミッション
spacer.gif  
 
  • クレーン産業の関係者間の情報共有と有意義な対話を促進して、国際クレーン業界が懸念する安全性、技術面及び規制上の課題解決を目的に情報交換を行う。
  • ICSAメンバーは、関連する規制当局や標準化団体に陳情できるように、業界の関係者間の重要なネットワーキングの機会を提供するとともに創造を促進する環境を提供することで共通の懸案事項についてクレーン業界として合意状態を形成する。
  • 国際規格の策定を促進する。
   
ICSAで議論されている技術的概要
spacer.gif  
 

次のURLを参照してください。<外部リンク>
https://icsa-crane.org/downloads/

 
 
[このページの先頭] [ホーム]