クレーン等の就業制限早見表
 
 

クレーン 移動式クレーン デリック 玉掛け 建設用
リフト
クレーンの種別
(業務)
つり上げ
荷重













同左














※1







































※2



















































※3












































クレーン(無線操作式含む) 5t以上 × × × × × × × × × ×
床上運転式クレーン × × × × × × × × ×
床上操作式クレーン × × × × × × × ×
跨(こ)線テルハ × × × × × × ×
クレーン 5t未満 × × × × × × ×
移動式クレーン 5t以上 × × × × × × × × × × × ×
1t以上
5t未満
× × × × × × × × × × ×
1t未満 × × × × × × × × × ×
デリック 5t以上 × × × × × × × × × × ×
5t未満 × × × × × × × × × ×
玉掛けの業務 1t以上 × × × × × × × × × × × ×
1t未満 × × × ×
建設用リフト × × × × ×
  関係法令  
クレーン等安全規則
第  条 22 22
224の4
22 21 68 68 67 108 107 221 222 183
 ◎ 主たる資格
 ● 
運転することが出来ます。(安全衛生規則 第41条)
 ○ 運転する(業務に就く)ことが出来ます。(基発第145号 昭和48年3月19日) (基発第180号 平成9年3月21日)
 × 
運転する(業務に就く)ことが出来ません
床上運転式クレーン 床上で運転し、運転者がクレーンの走行とともに移動するクレーンです。
床上操作式クレーン 床上操作式クレーンとは床上で運転し、かつ、運転者がつり荷の移動とともに移動するクレーンです。
技能講習※1 床上操作式クレーン運転技能講習 (クレーン等運転関係技能講習規程)
技能講習※2 小型移動式クレーン運転技能講習 (クレーン等運転関係技能講習規程)
技能講習※3 玉掛け技能講習 (玉掛け技能講習規程)
建設用リフト 積載荷重250kg以上で昇降路高さ10m以上の建設用リフトの運転
建設用リフトの運転特別教育(クレーン等安全規則第183条)
クレーン運転士免許と移動式クレーン免許
移動式クレーン運転士免許制度(昭和46年7月16日労働省令第21号)が発足し、クレーン運転士免許とは別に移動式クレーン運転士免許が設けられました。
免許取得日が昭和47年3月31日以前に交付されたクレーン運転士免許は、移動式クレーン運転士免許があるものとみなされます。

クレーン運転士免許・移動式クレーン免許と玉掛けの業務
昭和53年9月30日までに交付されたクレーン運転士免許、移動式クレーン運転士免許、デリック運転士免許は玉掛けの業務に就くことができます。(昭和53年9月29日 労働省令35号
昭和53年10月1日以降に、クレーン、移動式クレーン、デリック及び揚荷装置(以下「クレーン等」)の運転士免許を受けた者については、玉掛け技能講習を修了していなければ、制限荷重又はつり上げ荷重が1トン以上のクレーン等の玉掛け業務に就くことができません。

クレーン運転士免許とデリック運転士免許の統合(附則平成18年1月5日厚生労働省令第1号)
平成18年4月1日法令改正で,クレーン運転士免許とデリック運転士免許が統合され「クレーン・デリック運転士免許」となりました。

改正前のデリック運転士免許はそのまま(旧)デリック運転士免許となります。
 
 
[このページの先頭] [ホーム]